加齢臭なんてまだまだと思っている30~40代の方もご用心。
この年代特有の、「ミドル脂臭」がにおいはじめ、その原因は頭部から首にかけて発する「ジアセチル」。
かつては、男のニオイは男らしさを誇る言葉の一つでしたが、今はそうでもないみたいです。加齢臭(ノネナール)のように周囲の人に特に女性に敬遠されるニオイは、50代から発せられることが多いですよね。
自分はまだまだ先と感じたミドル世代の方は用心が必要ですよ。
第三のニオイといわれる「ミドル脂臭」が30~40代男性から漂い始めている事実があるからです。
ミドル脂臭のニオイの特徴は「使い古した油のような脂っぽいニオイ」だそうです。
そのニオイ成分は「ジアセチル」。


◆ジアセチルとは、頭部のエクリン汗腺から分泌される乳酸が、頭皮の常在細菌(ブドウ球菌)により代謝・分解されて発生する。
一方で、頭部の皮脂腺から分泌される皮脂は微生物により代謝・分解され一般的な頭皮臭の原因成分を発生。ジアセチルが共存することでさらにニオイが増悪したものが「ミドル脂臭」になる。ミドル脂臭の原因成分ジアセチルは酢の主成分である酢酸の100分の1の量でもニオイを感じ、口臭や足臭の原因成分よりも少量でにおう、非常に強いニオイ成分なのです。
加齢臭の原因物質のノネナールと比べ、常温の場合で100倍ニオイが広がりやすいのです。


◆男性の体臭の種類
●一般的な汗臭・・・アポクリン汗腺の発達する思春期以降に発生するワキを中心とした体臭。菌による代謝プロセスの違いがあり、多様なニオイがある。20歳ごろが最も強く、徐々に減少。

●ミドル脂臭(ジアセチル)・・・頭や首の後ろを中心に発生する脂っぽい不快なニオイ。35~45歳であらわれ、頭皮臭といっしょになるとさらに不快な悪臭に。

●加齢臭(ノネナール)・・・主に体幹部・背中から分泌される皮脂中に存在する「パルミトレイン酸の酸化により発生するノネナールのニオイ。
枯草のようなニオイとか、ローソクや古本のニオイなんていわれることもありますが。
本格的には、50歳以降に発生するようです。


ミドル脂臭の原因はさまざまですが、大切なのは規則正しい生活、頭や体を常に清潔に保つこと。シャンプーのしかたは最も重要。

◆こころがけることとは
●頭、特に後頭部、首の後ろをよく洗う
●禁煙、たばこの本数を減らす
●バランスの良い食生活
●お酒を控える
●適度な運動

●シャンプーのしかた
①頭皮をお湯でよく流し、指の腹でマッサージ
②シャンプーを頭頂部から襟足、側頭部へ広げ、指の腹で頭部全体を泡立てた後、よくすすぐ
③再度シャンプーを頭髪に広げ、後頭部、首の後ろから頭皮全体をマッサージするように時間をかけて丁寧に洗う
④すすぎは、頭髪~頭皮までしっかり洗い流す。

体臭は周囲に深いな思いをさせるだけでなく、コミュニケーションの壁になることも。
しかし、お宅のご主人もこれで大丈夫!
ボディーソープやシャンプーでしっかりニオイを防ぐようにしましょう。
フラボノイド含有植物エキスが、ジアセチルの発生を抑制することがわかっています。
口コミやランキングで人気のボディー石鹸やボディソープ、ミドル脂臭対応シャンプーはやっぱりいいものが多いですよ。
さりげなく男性に使ってもらうようにしましょう。

ニオイ成分は「ジアセチル」を消臭するボディソープの紹介